会社概要

代表あいさつ

はじめまして、JOHフラワーグラス代表の阿部麻美子と申します。
私がフラワーボトルと出会ったのは2015年の夏になります。
本来、生花をドライフラワーにすると色も褪せシワシワに仕上がりますが、シリカゲル強制乾燥を用いたドライフラワーは、生きていた時と同じ色彩で、しかも数年間変わらず美しさを保ち続けるということに感動し、ぜひ一人でも多くの方にこの感動をお届けしたいと思ったのがはじまりでした。
その後、フラワーボトル協会の認定講師の資格を取得し、ドライフラワーとアーティフィシャルフラワーを組み合わせたオリジナル製品の開発に取りかかり、2017年「JOHフラワーグラス」の製造・販売をスタートすることができました。

現在はJOHフラワーグラスの製造販売はもちろんのこと、みなさまに広くフラワークラフトを楽しんで頂けるよう、各種花材・資材の小売り、卸販売を行っております。
一人でも多くのお客様に、お花の楽しさをお届け出来れば幸いです。

講師紹介

JOHフラワーグラス専属講師
日本フラワーボトル協会1級講師
井階 政子先生

JOHフラワーグラスの技術指導、商品開発、製品製作などには、日本フラワーボトル協会1級講師である井階政子先生に専属講師としてご協力頂いています

講師プロフィール

1995年 ドライフラワーの魅力に惹かれ、ドライフラワーのアレンジメントを学ぶ
1998年 和田薫氏考案のフラワーボトルに出会う。和田氏ご指導のもと日本フラワーボトル協会の講師認定を受け、1級講師となる。
2000年 ふしぎな花倶楽部 押し花インストラクター資格を取得
2004年 浜名湖花博・国際コンテスト個人部門で銅賞
2004年 スクラップブッキング メモラビリアート講習資格を取得
2005年 愛知万博・リサイクルアート花部門で入選・展示
2008年 ブティック社発刊『フラワーボトルを楽しむ』作品掲載
2010年 日本フラワーボトル協会コンテスト 特別賞
2011年 日本フラワーボトル協会コンテスト 優秀賞・投票部門第一位
2011年 韓国ソウル市でフラワーボトル教室
2012年 韓国高揚市花博で展示
2013年 インドネシアボゴール植物園で世界最大植物『スマトラ燭台大コンニャク』をシリカゲル乾燥
2014年 フラワーボトル作品コンテスト 特別賞・投票部門第一位
ほか展示・講習多数

サロンのご案内

国立駅北口からまっすぐ歩いて、徒歩4分。
ドライフラワーを少量からでもお気軽にお買い求め頂けるほか、各種フラワークラフト資材・材料、完成品のフラワーインテリアなどをご用意しております。
ワークショップや講習会も開催しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。
現在、月・水・金曜日と、第2・4土曜日の11:00~18:00が営業日となっております。